Internationally


国際整合性

  近年、経済のグローバル化の進展に伴い、当該制度の国際的重要度がますます高まり、国
 際整合性の確保が重要となっています。このため認定機関である認定センターは、認定のた
 めの一般要求事項としてグローバルスタンダードであるISO/IEC 17025(JIS Q 17025)
 関係条項を採用しISO/IEC Guide 58(JIS Z 9358)に適合した制度運営を行っています。
  更には、諸外国の認定機関と制度間の同等性を認め合うために、平成11年12月にはアジア
 太平洋試験所認定協力機構(APLAC:Asia Pacific Laboratory Accreditation Coope-
 -ration)において、また平成12年11月には国際試験所認定協力機構(ILAC:International
  Laboratory Accreditation Cooperation
)において相互承認協定(MRA:Mutual Reco-
 -gnition Arrangement
)に参加署名を行い締結しています。APLAC/MRA加盟、ILAC/M
 RA
加盟によりJCSSの国際的信頼性が一段と増しています。
  認定事業者はMRA対応事業者になることによりMRA対応認定事業所である旨を国内外に
 主張することができます。また事業者は、発行する試験証明書・校正証明書にMRAに参加し
 ている認定機関から認定されたものである旨のMRA対応事業者認定標章も付けることがで
 きます。この表記を付したJCSS標章付き証明書は、海外でも広く受け入れられることになりま
 す。
  富山衡器株式会社 北陸校正センターは認定国際基準に対応する事業者(MRA対応事業
 者)としてサーベイランスを受審し、定期的に技能試験に参加しています。


  トップページへ戻る