Traceable


トレーサビリティ

  不確かさがすべて表記された、切れ目のない比較の連鎖を通じて、通常は国家標準又は国
 際標準であるきめられた標準に関連づけられ得る測定結果又は標準の値の性質。もとをたど
 ることができること。


トレーサビリティ制度

  計量標準におけるトレーサビリティ制度とは、企業等が持っている標準器又は標準物質の
 値や計量・計測の値がどの程度の精度で国家計量標準と繋がりをもっているかということを
 明確にする体系をいいます。実際上は校正の道筋が企業等での計量結果から国家計量標
 準まで切れ目なく繋がっていることであり、このシステムを作り、維持して、個々の計量結果
 が統一された一般性のあるものとする制度です。ユーザ側から見ると計測機器の国家標準
 への繋がり法的に整備されたのでトレーサビリティ制度といわれます。
  近年経済活動の国際化に伴い、各国の経済取引に関する適合性評価手続きの根幹をなす
 技術基盤として、計測のトレーサビリティの確保は益々重要になってきています。


校正のながれ

  特定標準器又は特定副標準器と呼ばれる国家標準器は、国立標準研究機関、日本電気計
 器検定所、または指定校正機関(日本品質保証機構、化学品検査協会)が保有し、各機関は
 これを用いて認定事業者が持つ特定二次標準器を校正します。一般ユーザへの校正サービ
 スは独立行政法人製品評価技術基盤機構適合性評価センターが認定した事業者が行い、
 JCSSロゴマーク付の校正証明書を発行します。


トレーサビリティ体系図

  質量における計測機器の国家標準への繋がりです。

         
 弊社トレーサビリティ体系図
   分銅トレーサビリティ体系図

   はかりトレーサビリティ体系図




  トップページへ戻る